[公式]TikTokでのバズるには?おすすめに乗る方法を教えます

厳選ユーザーである筆者自身が、TikTok公式から厳選ユーザーだけに教えられる情報を元にして、バズる方法、おすすめに乗る方法について説明したいと思います。
また、その後に自分なりのTikTokでバズる方法、おすすめに乗る方法について説明したいと思います。

それでは早速説明していきます。

公式から厳選ユーザー向けて発信された
バズる方法、おすすめに乗る方法

こちらがTikTokから厳選ユーザーに向けて説明された、バズる方法、おすすめに乗る方法です。

以上の情報は厳選ユーザーに向けてTikTok公式から発信されたものですので間違いはないです。

縦画面、全画面で投稿しよう

動画は全画面で投稿した方が良いそうです。
確かに考えてみると、インパクトの強さや、見やすさでいうと画面が小さいよりは大きい方が印象的です。

12秒以上で投稿しよう

12秒以上で投稿するということなのですが、TikTok公式が分析をしたのでしょう。
12秒以上の投稿が伸びやすいというデータがあるそうです。
それか、TikTokのシステム上12秒以上の投稿には何か、おすすめに乗りやすくなるシステムがあるのかもしれません。

週2回以上投稿してみよう

こちらも先ほどと同様で、TikTokが分析をした結果なのか、事実として、週2日以上で投稿するとおすすめに乗りやすくなるシステムを導入しているのでしょう。
確かに毎日投稿まで行かなくても、更新頻度が高ければ高いほどおすすめに乗りやすくなることは言えるのではないでしょうか?

ハッシュタグチャレンジを積極的にやってみよう

ハッシュタグチャレンジについてです。
TikTok内では多くのイベントが開催されています。
ハッシュタグ効果は絶大です。
おすすめに乗らないでも、それだけで動画が見られてしまうからです。
また、動画の視聴回数が増えればその分おすすめにの乗りやすくなってきます。

SNSに動画をシェアしてみよう

これについてはTikTokを他のSNSに連携することを利用して広告効果を得ようとTikTokが出した戦略かもしれません。
実際に言い切っている以上は他のSNSでシェアするだけでおすすめに乗りやすくなるシステムが導入されているのでしょう!

次に私が個人的に考えるバズる方法をお教えしたいと思います。

自分が考える
バズる方法、おすすめに乗る方法

学生向けの動画
感情に訴え掛けた動画
再投稿

学生向けの動画

やはりTikTok自体が最近発展してきたサービスということもありますが、使用しているユーザーのほとんどが若者や学生です。
なので、このことを考えると学生向けにウケることをすることが重要でしょう。
同じ動画系のSNSであるYouTubeと比べてみても、少し趣向が異なるということがわかることでしょう。
これは利用ユーザーの年代が異なるからです。

感情に訴え掛けた動画

可愛い、かっこいい、すごい、面白いなど、感情に訴えかけた動画が伸びます。
なぜかというと見ているユーザーが興味を持つからです。
当たり前のことを言っているようですが、大事なことです。

再投稿

その効果を実際に感じました。
裏技的ですが、この手法も使うと効果があります。
再投稿についてはこちらの記事の中で説明しています。

最後に

いかがだったでしょうか?
これでTikTokでバズる方法、おすすめに乗る方法についての説明は終わりになります。
TikTokは一部で収益化が始まったことに挙げられるように、これからも発展していくSNSだと思います。
TikTokでは、どうやって上手く自分を売っていくか重要になりますが、この記事が何か皆さんの役に立ったならば嬉しいです!

SNS
スポンサーリンク
らゆろぐ

コメント

  1. 26日目 より:

    […] […]

タイトルとURLをコピーしました