厳選10曲 エモくて メロウな日本語Chill Hip Hop

日本のChill Hip hopやChill Rapについてエモくて、メロウな厳選した10曲を紹介します。

BASI – あなたには

BASI 「あなたには」 PV

BASIは大阪出身のラッパーで、韻シストのメンバーの1人です。
Evisbeatsが楽曲を手がけることが多々あります。
このトラックではそのリズミカルなサウンドの中に遊びを入れていたりして、聴く人の耳を飽きさせません。

tofubeats – 水星 feat,オノマトペ大臣

tofubeats – 水星 feat,オノマトペ大臣(PV)

tofubeatsからはこの水星が一番ポピュラーなのではないでしょうか
水曜日のダウンタウンのメインテーマで使われていました。
ゆるくてメロウなサウンドが耳に残り、何回でも聞きたくなる曲です。

唾奇 × Sweet William – Made my day

唾奇 × Sweet William / Made my day

唾奇は沖縄出身のアーティストです。
違うトラックでは、同郷のCHICO CARLITOとコラボしたりしています。
グルービーで心地よいサウンドの裏に強いメッセージ性があるのが、素敵です。

C.O.S.A. × KID FRESINO – LOVE Prod by jjj

C.O.S.A. × KID FRESINO "LOVE Prod by jjj"

C.O.S.Aは愛知県出身のラッパーで、KID FRESINOは埼玉出身のラッパーです。
その穏やかなサウンドの中で、
二人のラップが組み合わさって新たな価値を生み出しています。

kiki vivi lily × SUKISHA – Blue in Green

kiki vivi lily × SUKISHA – Blue in Green [Official Video]

kiki vivi lilyとSUKISHAのダブルネームです。
女性ボーカルならではの穏やかと、エモーショナルなサウンドがマッチしていて、
聞いていて心地よい曲です。

NF Zessho – I’ll bite U

NF Zessho – I'll bite U

NF Zesshoは福岡出身のアーティストです。
そのサウンドが傘示唆を演出しており、その中でするラップが突き刺さります。
Instrumentだけでも美味しい曲です。

電波少女 – Earphone feat.Jinmenusagi

電波少女「Earphone feat.Jinmenusagi」

電波少女はもともとニコニコ動画にて楽曲を発表していた。
ヒップホップ性とポップ性の両面を持つような楽曲が特徴的だ。
そのフロウに魅了されることは間違い無いでしょう。

Campanella – Indigo

Campanella – Indigo (BLACK FILE exclusive MV “NEIGHBORHOOD”)

CAMPANELLAは愛知県出身のラッパーです。
その浮遊感があるフロウが人気があります。
このトラック内でもなんとも言えないような哀愁が漂っています。

STUTS – 夜を使いはたして feat. PUNPEE

STUTS – Yoru wo Tsukaihatashite feat. PUNPEE (Exhaust the Night) [Official Music Video]

PUNPEEは、2009年に実弟のS.L.A.C.K.、GAPPER、とともに、PSGとしてデビューしたラッパーです。加山雄三 – お嫁においでをカバーするなどその独創性を発揮しています。

EVISBEATS – ゆれる feat. 田我流

EVISBEATS【MV】ゆれる feat. 田我流

EVISBEATSはMCとしてはAMIDAと名乗っています。
田我流をフィーチャーしています。
悲しげなビートから、ラップのメッセージ性まで何を取っても最高です。

いかがだったでしょうか
ここで紹介したサウンド以外にも紹介できていないサウンドがたくさんあります。自分でDigしてみると音楽をもっと楽しめると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました