[実体験] 大学入学と同時に文転した結果

私は高校時代まで理系でした。
しかし大学に入るタイミングで文転をし、国立大学、文系の経営学部に入学しました。この記事では、実体験ベースでメリット、デメリットをお伝えできればなと考えています。

全て、理系に比べると、という話で書いていきます。

メリット

時間がある

時間がある

理系の友人に聞く限りでは、拘束時間にかなり差があります。学期によっては2倍近く授業料が異なったりしていました。なので、理系に比べると時間は多くとることができます。時間の使い方では、サークル活動や、趣味に打ち込むことができたり、勉学に励むこともできます。

デメリット

専門性のある学習ができる環境が作りにくい

就活に不利?

専門性のある学習ができる環境が作りにくい

あくまで大学内での話ですが、理系は研究室に配属されますが、文系の場合ゼミナールに配属されると思います。多少差はありますが、研究室に配属された方がより専門性の高い学習を行うことができます。もともと理系だったこともあって、理系の分野で専門性のある学習をしたいと思う時もあります。

就活に不利?

一般的に文系は就職活動が困難だと言われています。所属する学部や学科によって全く異なるので、一概に言えませんが、全体的に見ると文系の就職活動は、理系に比べると難しいです。今は就職活動中ですが、主観的には難しいと感じるようなことはありません。きっと理系と比べると難しいということだと考えました。?マークをつけているのはこのためです。

以上が私が、大学で文転して考えた、メリット、デメリットです。人によって個人差はありますがある程度、普遍的なことを書いたつもりですので、参考になれば嬉しく思います。

生活
スポンサーリンク
らゆろぐ

コメント

タイトルとURLをコピーしました